【雑談】自転車の防犯登録を取り消すのが面倒くさかった話【クソどうでもいい話】


※上の写真はイメージ。私の所有車ではありません

今回はちょっとゲームとは違う話題を。
こないだ自転車を買い替えたんですけど、ちょっと防犯登録で面倒くさい事があったのでその事をば。

事の発端

3年乗ってた自転車のタイヤがバースト。
タイヤ丸坊主な上、シートもボロボロだったので、直すより買いなおしたほうが早いかなーと思い自転車屋さんに。

近所をチョロチョロするだけの足なので、クロスバイクっぽいママチャリを買ったわけですよ。
そのとき前に乗っていたボロボロの自転車を引き取ってもらったわけですが、古い自転車を廃棄するときに自転車の防犯登録を抹消しなければいけないわけです。
お店の人によると、防犯登録の抹消手続きは自分でやらないといけないとか。

古い自転車の抹消手続き

お店の人の説明では、自分が住んでいる管轄の警察署に電話をして、抹消したい自転車の車体番号と防犯登録番号を告げれば持ち主本人ならそれでOKだとのこと。
古い自転車自体はお店の方に引き取ってもらい、その後用事があったので、抹消手続きは次の日にすることに。

翌日、いわれた通りに自宅の管轄の警察署に電話。
すると「防犯登録抹消手続きするには電話だけじゃ駄目ですよ」とのこと。
詳しく聞くと、どうやら抹消手続きをしたい自転車と身分証明書を持って管轄の警察署か交番に行かなければ行けないとのこと。
店の人の説明と違うじゃん……。
とにかく手元に古い自転車の防犯登録カードの控えと身分証明書を持って、警察署か近くの交番に行ってくれといわれたので仕方なく行くことに。

抹消しなくてもいいのではないか?

だんだんめんどくさくなってきたので、もう抹消しなくてもいいかなーと思い始めました。
でももし抹消しないで廃棄したはずの自転車が、万が一誰かの手に渡りそこで何か事故とか事件でも起こされた場合、連絡が私のところにきてしまうらしいので、なにか問題が起きないとも限らないし、ここはきちんと手続きしておいたほうがいいと考え、近所の交番に行くことにしました。
ちなみに防犯登録は10年経つと勝手に抹消されるらしい(地域によってはもっと短い)。

交番で抹消手続き

交番に行き、店で言われたことと警察署に電話して説明を受けた事を事細く話しました。
やはりお巡りさんも、実物の自転車がないと駄目だということでしたが、もう手元に自転車がないことを説明し、手続きをしてもらうことに。
ここまで交番にきてから20分。ほんと面倒くさい。
身分証明書(このときは免許証)と防犯登録カードの控えを渡し、一応古い自転車は廃棄という形で手続き。
さらにここからまた10分位。

とりあえず手続きはしてくれたようですが、お巡りさん曰く、抹消手続きの実際は警察署ではなく自転車の協同組合とかなんとか(このへんうろ覚え)がやっているので、完全に消えるのはもしかしたら1,2年かかるかもしれないとのこと。
現物があればそのへん大丈夫だったらしい。
上にも書いたけれど、万が一(ないとは思うが)廃棄したはずの自転車が他の人手に渡りその人が問題を起こした場合、あなたの方に警察から連絡がいく可能性もあるとのこと。
もし、そういうことが起きたらまたこの交番にきてくれれば対応するとのことでした。

総括

たかが自転車一台買い換えるだけで面倒なことになりました。
もし、自転車を買い換えようと思っている方がいたら、新しい自転車を買う前にまずは廃棄しようと思っている自転車を業者に渡す前に、警察署や交番に先に自転車をもって行き、防犯登録の抹消手続きは先に終わらせておきましょう。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告