本日のガジェット#001 USB Type-C充電卓上ホルダーを買ってみた

今更ながらUSB Type-Cの充電卓上ホルダーを買ってみました。
昔の国内産のスマホは、結構付属で卓上ホルダーついてきたんですけどね。
ケータイの名残だったのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

USB Type-C充電卓上ホルダー

USB Type-Cとは?

ここ最近発売されたAndroidのスマホの殆どが、充電端子にUSB Type-Cが採用されるようになりましたね。
USBの規格としてアップルのノートPCなども最近はこれです。
現在最新の規格だけあり、今までのものよりいろいろと機能が増えています。(詳しい仕様については、ここでは割愛します)
スマホとしての一番の恩恵は、端子の裏表を気にせずにさせることではないでしょうか?
頻繁に抜き差しするスマホでは、ストレスなく扱えるので快適。
この先発売されるスマホは、Apple製品でない限り当分の間、USB Type-Cがデフォルトになっていくと思われるので、この端子のついた卓上ホルダーを買ってみました。

とりあえず開封

Amazonで買ったこちらの製品。

TUTUO Type-C 充電 スタンド USB-C チャージャー 卓上ホルダー クレードル 充電器 Huawei Mate10 / Galaxy Note8 / S8 / Sony Xperia XZ Premium など対応 シルバー

製品名長いですが、Amazonでは似たような形と値段の製品がいっぱい並んでいたので、たぶんコピー製品なんでしょう。
私が買ったとき、この製品がさらに100円割引でお安かったのでこれを選びました。

で、届いた製品がこちら。

大体Amazonで2000円前後のガジェットを買うと、このようにパッケージは潰れていることが多いですね。
最近は中の製品が壊れているとか、部品が欠品だとかない限り、もう怒る気もしないです。
安い中国製品はこんなもの。

開封していきます。

中は本体のみ。説明書も何もありませんでした。
本体の作りはまあ値段相応ってところですかね。
プラスチックに銀の塗装がしてあるだけです。

本体の大きさは、幅が一番広いところで約7.5cm。
高さが3.8cm。

コードはつながっているので外せません。
コードの長さは実測したところ、90cm。

端子部分拡大。

端子部分はガッチリ固定ではなく、手前と奥方向に若干遊びがあって動きます。

接続してみる

実際にスマホを立てかけてみました。

スマホは5.5インチのZenFone3。
スマホのケースをつけたままです。
ちなみにケースの厚みは約1cm。
隙間の大きさは15ミリあるので、手帳型のケースでもいけそうです。
ただし立てかけたままでの開閉は難しいかも。

差し込みは最初ちょっと固め。
PCやモバイルバッテリーでの充電はもちろん問題なし。
PCにつないでのデータのやり取りもかなり早いですね。販売店の説明書き通りの説明だと最大5Gbpsまで出るそうです。理論値でしょうけど。

立てかけたままでの操作もできます。多少グラグラとはしますが。
底面に滑り止めなどはついていないので、平らなところで使用するのがベストかと。
あと、横置きでの使用は端子が邪魔でできないですね。
動画を横向きでみたい人には向かないかな?

まあ1000円以下でこの作りなら、まあまあじゃないですかね?
軽いので持ち運びも楽ですし、旅行でも持っていけそうです。
耐久性は後々。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする