【ガンプラ】初心に帰ってガンダムを作る【RX78-2】

初心に帰ってガンダムを作る

プラモデル制作復帰2作目。基本的に昭和ロボットアニメ好きな私。
何を作ろうか迷った結果、基本に立ち返ってガンプラの1/144ガンダムを作ることにしました。

昔のガンダム、いわゆる旧キットと言われるものはなかなか近所の量販店で扱ってないのと、平成以降のガンプラというものを一切作ったことがないので、現行のガンダムを買うことにしました。
買ったのはこれ↓

HGUC 1/144 RX78-2ガンダム

量販店で大体1000円前後で買えるやつですね。
まずはこれをきちんと組み立て、エアブラシ塗装までしてみようと思います。

ちなみに私が初めて作ったガンプラは小学生のときに作った(旧キット)1/100RX78ガンダム。
当時はまだガンプラブームが来る前。ガンプラなんて呼び方もなかった頃。
なんと1/100なのに足首が固定で動かないという。
後から発売された1/144が値段も安いのに足首可動しててムカついた思い出があります。

まずは中身を見ていく

そんなことはさておき、中身を見ていきます。
説明書と中のランナー。


今のガンプラは接着剤もほとんど必要なく、ほとんど色を塗らなくてもアニメのイメージに近い物ができてしまうスグレモノ。
今のプラモに慣れている人からすれば「そんなのあたりまえじゃん」ってものなんでしょうけど、何十年もプラモを作っていなかったオッサンからすると、その進化にビックリです。

とりあえず素組み

早速く組み立てていきます。

できました。

ゲート処理とダボ穴処理をしながらやったので、だいたい2時間くらいかかりました。
色分けもそうですが、昔のガンプラと比べて合わせ目もわかりにくいようにできていますね。
とはいえ完全に合わせ目がないわけではないので、仮組みの状態でチェックします。

塗装し易いように一部後ハメ加工してあります。


これはあらかじめ他の制作者さんの動画を色々と見て参考にさせていただきました。

スジ彫り

合わせ目消しと後ハメ加工が終わったら、次にスジ彫り。
表面に情報量を増やすことでかっこよくなるんですよね。
これがやりたいがために、これらの道具も揃えました。

タガネはよくわからなかったのでこれを買いました。

ガイドテープはこれ

これもまた色んな人の動画を参考に見様見真似で進めていきました。
まずどんな仕上がりにしたいか大まかな感じを掴むために、説明書やWEBで見つけてきたガンダムの写真をコピーして、そこにペンでスジ彫りのデザインを書き込んでみます。


参考にしたのはMG1/100ガンダムのパネルライン。
今回作るのは1/144なのであまり細かなところまで真似してスジ彫りいれるとおかしくなるし、私の技量もないので大体雰囲気が似る程度でよしておきます。


ちなみに後ハメ加工とスジ彫りで1ヶ月位かかってますw
ここ最近仕事の都合でなかなかまとまった時間取れなかったもので^^;

その他加工した部分は、足裏の肉抜き穴をパテ埋め。

頭部アンテナ部分のシャープ化。

フロント前垂れ部分を切り離し、左右独立して動くように。

次回、塗装に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました