【映画レビュー】「カメラを止めるな!」を観てきたよ【ネタバレあり】

映画レビュー第一弾。
今回は新人監督と無名の役者さんたちで低予算で作られた映画、「カメラを止めるな!を観てきたのでレビューします。

ちなみに↓の予告編ですが、映画を観に行こうと思っている人はみないほうがいいです。
少しだけネタバレ入ってます。

ここから先はネタバレありレビューなので、これから劇場で観ようと思っている方はブラウザバックか他のコンテンツに飛んでください。
ネタバレあっても問題なく観に行くって人だけどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

『カメラを止めるな!』

事前情報はなるべく入れない!

様々な媒体で取り上げられて話題になっているこの映画。
監督も役者さんもあまり有名でない方が多い上に、低予算で作られているのにこれだけ盛り上がっているのはきっと、ストーリやギミックが良くできているということ。

そんなわけで、少しでも内容に関しての情報が入ってしまうと楽しめないと思ったので、事前の情報はなるべく入れないように注意しました。
上にあるYouTubeの予告すら観ずに劇場へ行きました。

ゾンビ映画なの?

劇場に行く前に観たのはポスターくらい。
なのでこれは「低予算ゾンビ映画なのかな?」くらいのイメージしかありませんでした。
それはまあはずれてはいないものの、演出の一つだということを後で知ることになります。

映画は廃墟でゾンビから逃げる女性の主人公のシーンから始まります。
彼氏だったらしいゾンビに襲われる女性。
そこで監督のカットがかかります。
そう、これは自主制作のゾンビ映画の撮影現場の話なのです。
監督と役者が揉めながらも撮影は続いていきますが、ゾンビ映画を撮影しているはずがいつの間にか本物のゾンビが現れ、撮影現場はパニックに。
それでも撮影を続ける監督。
どんどんゾンビ化していくスタッフ。
そして最後には……。

とまあそんな感じで話は進んでいきます。
この映画、ここまでワンカット。
一台のハンディカメラで撮影されています。
感覚としては、映画なんですが演劇を観ているよう。
役者さんもわざとなのか、それとも舞台俳優さんが多いせいなのか、芝居が演劇的です。
ちょっと大げさな感じの演技。
これも後で考えると演出だったのかもしれませんが……。

ここまではyoutubeにある自主制作ドラマで、同じくらいのクオリティのものはたくさんあるじゃんって感じがしましたね。

この映画は2つのパートに別れている

この自主制作ゾンビ映画は、冒頭から約37分間続きます。
エンドロールが流れ終劇。
と、ここまできたところで、ネタバレが入ります。
ここからはこのゾンビ映画を作るまでのお話に変わるのです。
この映画、自主制作のゾンビ映画パートとそれを作ることになった経緯と、撮影でのてんやわんやなコメディパートの2つで成り立っているのです。
ここまできてやっとこれは、コメディ映画だとわかりました。

後半はポスターにも映っている監督役の人が主人公で、話が進みます。
低予算で生放送のゾンビ映画の制作を頼まれる監督。
ここからはこの監督の撮影本番の苦悩がメインになります。
そして明かされる前半パートのゾンビ映画の裏側。
問題山積みの役者やスタッフ、そして監督の家族も巻き込みドラマは続きます。
生放送のゾンビ映画は最後まで放送し続けられたのか?
それは映画を観て確認してください。

ハードルを上げ過ぎずに観に行こう

この映画、やたらとマスコミに持ち上げられたり、盗作報道があったりと話題ばかりが先行している気がします。
ものすごく面白いんだろうと、ハードルを上げすぎて観に行くとちょっと拍子抜けするかもしれません。

確かにストーリーもギミックも練られていて面白かったのですが、大爆笑できるかというとそうでもない感じ。
程よいコメディ映画という感じでした。

この映画、感覚としてはおもしろい劇団の公演を観ている感じでしたね。
手作り感がするというか。
伏線もたくさんあるので、後半パートを観たあと、もう一度前半パートのゾンビ映画を確認したくなる映画でした。
賞をたくさん取ったとか、芸能人が絶賛してるとか、そういうの抜きにして気楽にみにいくといいですよ。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする