【ポケモンGO】伝説レイド「ギラティナオリジンフォルム」ゲットチャレンジエクセレントスロー対策【Excellent!】

今更感は否めませんが、「ギラティナ オリジンフォルム」のゲットチャレンジでカーブボールでエクセレントスローを狙う方法を。
(個人的に)納得できるボールの投げ方がなかなかできなかったんですよね。
ようやく自分なりのエクセレントスローを出せる投げ方が見つかったので書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「ギラティナ オリジンフォルム」ゲットチャレンジエクセレントスロー対策

対策ポケモンと基本情報

ゲットチャレンジ対策の前に、まず対ギラティナの対策ポケモン。
過去に記事にしたのでこちらを参照。

次回伝説レイドが発表になりましたね。次の伝説レイドは「ギラティナ アナザーフォルム」そして続けて「ギラティナ オリジンフォルムが」登場するよ...

それから、前の記事で書き忘れた「オリジンフォルム」の基本情報を。

  • ギラティナのタイプ:ドラゴン・ゴースト
  • 弱点:ドラゴン、あく、こおり、フェアリー、ゴースト
  • 個体値100%のCP:CP2105(強風・霧でブースト時CP2631)

アナザーフォルムと違うのはCPだけですね。

サークル固定を使ったエクセレントスローのサイズ調整

まずはいつも通りまず金のズリの実を使ったあと、サークル固定法を使うため画面長押しでサークルの大きさを調整します。
エクセレントスローを狙う場合のサークルの大きさはこのくらい。

角のような部分とサークルの上部が触れるくらい。
ギラティナのゲットチャレンジは難しめなので、無理してこの大きさにしないで、グレートスロー狙いで少し大きめにしてもいいかもしれません。

ボールを投げる向きと強さ

次にボールを投げていくわけですが、「ギラティナ オリジンフォルム」はかなり距離が近め。
普通のポケモンと同じイメージで投げると飛びすぎてしまうので注意。
基本的な動きは上下に移動しながら威嚇するだけ。
上にいるときと、下にいるときの2つのパターンの投げ方を説明します。
ここでは左下から右上に投げるやり方で説明しているので、左上に投げる人は逆で考えてください。

ギラティナが上にいる場合

まずは上にいる場合。
ギラティナの威嚇が始まったらボールに回転をかけ始めます。
タイミングは向かって右へ振り向くアクションをし始めたあたり。

そして投げるタイミング。
ギラティナが威嚇を終わらせて正面に向くのと、投げ終わるのが同時になる感じで。

矢印の方向に投げますが、イメージとしてはスマホの画面中央あたりをめがけ少し縦気味に。
上にいるからといって、ギラティナの顔めがけて強めに投げると飛びすぎるので注意。


Excellent!

ギラティナが下にいる場合

次は下にいる場合。
ボールに回転をかけ始めるタイミングは上にいるときと同じ。
向かって右に振り向くアクションを始めたあたり。

投げるタイミングも上にいるときと同じで、威嚇を終わらせて正面を向くのとボールを投げ終わるのが同時になる感じ。
左下から投げますが、投げる強さと方向は↓の画像の赤い矢印の方向と長さくらいで。


わかりやすいように画面に黄色い十字のガイドを引いてみました。
4分割された左下の四角内で投げる感じ。

ボールを投げる強さはほんとに弱めで大丈夫。
スマホの機種にもよると思うので、指を離す位置と方向は各自微調整を。
うまくいくと、


Excellent!

少しでも強めに投げてしまうとサークルを外れてしまうので力加減が難しいですが、CPがあまり高くない低個体値のときは練習と割り切って、いろいろとボールの投げ方を試してみるのもいいかもしれません。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする